/

設備投資やシステム開発を行って
生産性の向上を図る
中小企業・小規模事業者
最大1,000万円の補助金
受けることができる制度
です

※補助金額は事業規模や申請類型により異なります。
詳しくは当事務所にお問い合わせください。

ものづくり補助金について、
このようなお悩みは
ありませんか?

  • 導入しようとしている設備がものづくり補助金の対象になっているのかどうか知りたい
  • ものづくり補助金の申請を検討しているが、申請書をすべて任せたい
  • ものづくり補助金について何も知識がないので、教えてもらいつつ相談をしたい
  • 採択の実績が多い事務所に申請代行をお願いしたい

solve problems

経営革新等支援機関である
株式会社フラッグシップ経営が

お客様の抱えるお悩みを
解決します。

  • 01

    認定支援機関

    当社は中小企業診断士事務所として、経営革新等支援機関からの認定を受けております。

  • 02

    国家資格者

    「ものづくり補助金」の申請より難度の高い、事業再生計画、経営改善計画を多数作成しております。当社の作成する計画書は行政や金融機関からも高く評価されており、高い専門知識と実務能力があることが実証されております。

  • 03

    全国対応

    「ものづくり補助金」の申請は全国対応しています。また、経営改善や事業再生のコンサルティングとは異なり、必ずしも対面で行わなければならないというわけではありませんので、電話やメール、ZOOMなどでも対応することが可能です。

  • 04

    明朗会計

    当社では報酬を「着手金+成功報酬 10%」とさせていただいております。その他に補助金申請に係る費用は一切発生しませんのでご安心ください。

  • 05

    多角的なチェック体制

    当社ではすべての書類についてダブルチェックの体制を採用しております。また、当社のスタッフが審査員の視点で内容を精査することで、採択率の向上を図ります。

補助金の採択実績多数!

的確なアドバイスと丁寧な対応で
フラッグシップ経営は
お客様の事業をサポート致します

  • 概要

    採択補助金名
    令和元年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上補助金」
    都道府県
    大阪府
    カテゴリ
    ものづくり
    業種
    電子部品・電子回路製造業
    設備名
    デジタルマイクロスコープ
    設備投資額
    7,070,000円
    採択額
    4,713,333円
    採択のポイント
    同社は、電子機器製品の開発・生産を行っている電子部品・電子回路製造業者様で設備メーカー様からのご紹介でした。 デジタルマイクロスコープを導入し、電子基板のハンダ付けの検査体制を刷新し、厳格化した品質基...
  • 概要

    採択補助金名
    令和元年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上補助金」
    都道府県
    愛知県
    カテゴリ
    ものづくり
    業種
    飲食料品小売業
    設備名
    スーパーバッケン、急速冷凍庫など
    設備投資額
    13,550,000円
    採択額
    9,033,333円
    採択のポイント
    同社は、オーダーケーキやデコレーションケーキ、マカロンなどを販売している洋菓子店であり、弊社HPからお問い合わせいただきました。 オーダーケーキの製造工程に組み入れた新たな生産プロセス革新と、ケーキ専...
  • 概要

    採択補助金名
    令和元年度補正「ものづくり・商業・サービス生産性向上補助金」
    都道府県
    福井県
    カテゴリ
    ものづくり
    業種
    精密金属加工業
    設備名
    画像寸法測定器
    設備投資額
    6,733,000円
    採択額
    4,488,666円
    採択のポイント
    同社は、生産設備や工作機械などの産業機械の金属部品を生産している事業者様で、設備メーカー様からのご紹介です。 画像寸法測定器を導入し、半導体製造装置向けの精密金属部品製作工程における検査体制の革新によ...

その他の採択実績はこちら

ものづくり補助金に関する
ご相談なら認定支援機関の
株式会社フラッグシップ経営に
お任せください!

お電話の方はこちら

メールフォームの方はこちら

24時間受付中! メールお問い合わせ

about
subsideies

ものづくり補助金の概要

補助金名
令和元年度補正・令和二年度補正
ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金 9次締切分
公募期間
令和3年11月11日(木)17時~令和4年2月8日(火)17時
補助上限額
【一般型】1,000万円
【グローバル展開型】3,000万円
補助率
【通常枠】中小企業1/2、小規模企業者・小規模事業者2/3【低感染リスク型ビジネス枠】2/3
*令和3年度補正予算の成立を前提に、10次締切より見直し・拡充が予定されています。
 これに伴い、低感染リスク型ビジネス枠は9次締切をもって終了することとなっています。
 応募をご検討の方は、お早めにご相談ください。
補助要件
以下を満たす3~5年の事業計画の策定及び実行
・付加価値額+3%以上/年
・給与支給総額+1.5%以上/年
・事業場内最低賃金≧地域別最低賃金+30円
加点項目
①成長性加点
「有効な期間の経営革新計画の承認を取得した事業者」
②政策加点
1:「創業・第二創業後間もない事業者(5年以内)」
※会社成立の年月日(個人事業主の場合は開業日)又は代表取締役の就任日が公募開始日から5年以内である場合に対象となります。なお、個人事業主や組合にあっては「第二創業」の加点はありません。
2:「パートナーシップ構築宣言を行っている事業者」
※「パートナーシップ構築宣言」ポータルサイト(https://www.biz-partnership.jp/index.html)にお いて宣言を公表している事業者。(応募締切日時点)
③災害等加点
「有効な期間の事業継続力強化計画の認定を取得した事業者」
④賃上げ加点等
1:「事業計画期間において、給与支給総額を年率平均2%以上増加させ、かつ、事業場内最低賃金を地域別最低賃金+60円以上の水準にする計画を有し、従業員に表明している事業者」、又は、「事業計画期間において、給与支給総額を年率平均3%以上増加させ、かつ、事業場内最低賃金を地域別最低賃金+90円以上の水準にする計画を有し、従業員に表明している事業者」
2:「被用者保険の適用拡大の対象となる中小企業が制度改革に先立ち任意適用に取り組む場合」

中小企業 基盤整備機構、給付金交付、事業実施事務局(全国中小企業団体中央会)、審査・採択、採択審査委員会、①公募、②事業計画書申請(電子申請)、GビズIDの取得、電子申請システムにログイン、事業計画書入力、送信、③採択通知、④交付申請、⑤補助事業期間、交付決定、(中間検査)、補助事業実施・実績報告、⑥確定検査(交付額の確定)、⑦補助金の請求、⑧補助金の支払、⑨事業化状況報告・知的財産権等報告、自己負担額を超える利益が生じた場合は収益納付をしていただく場合があります、※④以降の手続きは、原則J-Grants上で行います。、中小企業小規模事業者、支援(任意)、認定経営改革等支援機関、申請又は事業化に対する、各種支援